TOX PRESSOTECHNIK
JP: +81 92 9344888

セミ中空リベット

セミ中空リベットによるパンチリベット接合

セミ中空リベットはソリッドパンチリベットに似ていますが、先端に部分的な穴(ヘッドの反対側)がある点が異なります。この穴の目的は、中空部を外側に向かってローリングして、必要な荷重を小さくすることです。セミ中空リベットに必要な荷重は、ソリッドリベットの約1/4です。

 

工程は類似:金属板はホルダーとダイの間に装着されます。パンチの運動によりリベットが最初の金属板を貫通します。ダイとリベットの形状により、リベットが次の板の中に広がります。貫通はしません。

1

固定

2

リベットのアプリケーション

3

リベットと接合部の変形

4

戻りストローク

セミ中空リベットの装着には、工作物の両側にアクセスできる必要があります。パンチリベット接合と一般的なリベット接合の主な違いは、前もって穴をあける、あるいはパンチする必要がない点です。パンチリベット接合では、リベット自身が穴をあけるので、接合工程が容易かつ高速になります。

セミ中空リベットには次のようなメリットがあります:

  • 異なる材料および異なるコーティング材の接合
  • 熱やひずみを発生しない接合
  • 強力な接合 - 目視テスト可能
  • 事前のドリル穴あけやパンチ穴あけがない
  • 強度の異なる材料の接合が可能
  • 高速かつ自動工程が可能
  • リベット穴のセンタリングがない
  • 合理化が可能
  • 安全装置をあまり必要としない
  • 作業場の汚染に対する影響がない
  • 環境に優しい

概要:このシステムは供給/装着ユニット、ガン、プレスヘッド、制御/モニタリング装置から構成されます。

住所

TOX® PRESSOTECHNIK Co.
1261-1 SATANI, SUE-MACHI
FUKUOKA 811-2115
電話: +81 92 9344888
Fax: +81 92 9344884
コンタクト
JP: +81 92 9344888 コンタクトフォーム
 
Cookie Information

我々のウェブサイトの内容を可能な限り最適に表示する為に、クッキーを設定しています。 クッキーの調節作業により、貴方のブラウザーを妨害したり 規制することが出来ます。