TOX PRESSOTECHNIK
JP: 092-934-4888

News and blog

戻る

スタータスク

05/20/2021
  • 冷蔵庫のキャビネットがクリンチステーションに到達すると、トングは同時にホームポジションからキャビネットの角に移動し、4つのクリンチポイントを設定します。

  • 電気機械式 電気駆動式 クリンチトング
    Zoom
    電気機械式 電気駆動式 クリンチトング

イタリアのプラントメーカーCosma社は、ワールプール社向けに冷蔵庫の生産ラインを開発しました。冷蔵庫のキャビネットをTOX®カシメをするために、Cosmaは新しい道を模索しています。通常の油圧式ではなく、トックス社製のサーボ式TOX®カシメガンの星型4連を2つ使用しています。冷蔵庫生産用の星型は、カシメポイントを非常に素早く、プロセスの信頼性を高めながら、大幅な静音化を実現しています。

 

Cosma S.R.L.は、イタリアのミラノ近郊にあるヴィジェーヴァノ(PV)に拠点を置き、白物家電のカスタマイズされた生産システムを提供するリーディングカンパニーのひとつです。Cosma S.R.L.は、製品の継続的な開発と顧客との密接な協力関係を特に重視しています。Cosmaは、Whirlpoolをはじめとする世界中の有名なキッチン用品メーカーと取引しています。同社は、キッチンエイド、メイタグ、バウクネヒトなどの有名ブランドを傘下に収めています。イタリアのワールプール社で、Cosmaが担当したのは、冷蔵庫の生産ラインです。油圧ではなくサーボに着目したのは、イノベーションを標榜するプラントメーカーならではの新機軸だ。

 

TOX® PRESSOTECHNIK GmbH & Co.KGのTOX®カシメ工法は、冷蔵庫のキャビネットのシートメタルの接合に最適です。また、シートメタルを確実かつ迅速に接合します。リベットや溶接に比べて、ニスが塗られた表面や素材の構造が損なわれません。CosmaのプロジェクトマネージャーであるMarco Maffioliは、「これまで冷蔵庫キャビネットのTOX®カシメには、空油圧式ガンが使われていました」と語る。新しいシステムでは、現代的なアプローチであるサーボ式のソリューションを選択しました。トックス社の製品でなければならないことは、最初から明らかでした。両社は長年にわたって協力関係を築いており、上シュヴァーベンの人々の製品、サービス、創意工夫は、過去のさまざまなプロジェクトですでに印象深いものでした。スペースが限られているため、Cosmaは以前のシステムでは特殊なトング形状の非常にコンパクトな油圧ソリューションを使用していました。「しかし、ワールプール社はすでにトックス社のサーボドライブを搭載したトングを使用して成功を収めており、ここでもこのドライブを使用することを強く望んでいました」とMaffioli氏は言います。「また、新しいシステムではスペースが非常に限られていたので、革新的なパートナーに再び連絡を取りました」。そしてWeingartenのエンジニアたちは、省スペースで、高速かつ信頼性の高い、静かな電気機械式のソリューションを開発しました。

 

4つのガンで同時に接合

 

コンセプトはヴァインガルテンの本社工場で開発され、イタリアの子会社であるTOX® PRESSOTECHNIK S.R.L.がパンチ、ダイ、ストリッパー付きのサーボ式カシメガンの受注処理を行いました。挿入深さ40mm、ツール開口部50mmのガンは、最大20kNのプレス力を発揮します。電気機械式のTOX®-ElectronicDrive EPMRサーボドライブ1台が、公称55kNの力を必要とします。これにより、最大100mmのストローク、最大160mm/秒の速度、そして最大1,000mmのストロークが可能になります。最大100mmのストローク、最大160mm/秒の速度、±0.01mmの繰り返し精度を実現します。"TOX® PRESSOTECHNIK社(ワインガルテン)のテクニカルセールス担当、ヨアヒム・クレ氏は「既存のソリューションをベースに、サーボ式ガンをそれぞれ最適化しました」と語ります。「その結果、4つのトングで構成される2つの星型TOX®カシメユニットが生まれ、比較的狭いスペースに収納できるようになりました」

 

ホームポジションでは、ガンは非常に接近している。冷蔵庫のキャビネットがTOX®カシメステーションに到着すると、ガンは同時にキャビネットのコーナーに移動し、それぞれ直径4ミリの4つのカシメポイントをセットし、ニスを塗った0.45ミリの強靭なシートメタルを安全に、素早く、確実に接合します。ここでは、表面がそのまま残っています。

 

さらに、ユーザーは電気機械式ソリューションのさらなる利点を享受することができます。電気機械式のソリューションには、油圧式よりも少ないエネルギーで、環境への影響が少なく、静かに作動するという利点があります。

 

これにより、従業員の負担が軽減され、作業の安全性も高まります。「これは私たちが望んでいたことです」とMaffioli氏は言います。「このコラボレーションには非常に満足しています。いつものように、TOX® PRESSOTECHNIKは我々に最適なソリューションを提供してくれました」

弊社の主な取引先
  • Logo Audi
  • Logo AWL
  • Logo Blum
  • Logo Bosch
  • Logo Brose
  • Logo BSH

住所

トックス プレソテクニック株式会社
粕屋郡須恵町佐谷1261-1
〒811-2115 福岡県
電話: 092- 934-4888
Fax: 092- 934-4884
コンタクト
JP: 092- 934-4888 コンタクトフォーム
 
Cookie Information

我々のウェブサイトの内容を可能な限り最適に表示する為に、クッキーを設定しています。 クッキーの調節作業により、貴方のブラウザーを妨害したり 規制することが出来ます。