TOX PRESSOTECHNIK
JP: 092-934-4888

TOX®-ツインポイント

1打点で2ポイントを接合

TOX®ラウンドポイントと同様に、TOX®ツインポイントは、薄板金属接合の可能性を広げます。この新しい接合は、2in1(ツーインワン)ソリューションです。1つのツール(パンチとダイ)を使用して、1回のプレスで2つの接合部を形成することができます。生産性の向上と回転防止が基本的な目的です。新しい接合の特性は次のとおりです。

革新的なTOX®-ツインポイント接合技術

新しい接合の最大の特徴は、単一のラウンドポイントに比べて、せん断強度が最大2倍、剥離強度が最大1.5倍になっていることです。2つのツール間が非常に近いため、接合ポイントが一列に配置された長尺部品で発生する可能性のあるジッパー効果を低減します(端の位置に剥離負荷がかかると、エンドポイントが裂けてしまい、ジッパーファスナーを連想させます)。
また、ツインポイントのもう一つの目的は、材料が回転しないように保護することです。

ツインポイントの接合強度

柔らかい材料の場合、シングルラウンド接合と比べて、強度の向上が顕著に現れます。ツインポイント技術の主な利点は、生産量の増加(1つの接合時間で2つのポイントを得ます)、回転防止、力の方向に関係なく接合部の強度が増すこと、ジッパー効果の減少などです。このソリューションの鍵となるのは、2つの標準的な円形接合部を非常に接近させていることです。つまり、接合間の距離は、特性を損なうことなく、その直径と同じになるということです。

優れた品質管理

TOX®-ツインポイントは、何百回ものテストを行い、その高い品質と強度を常に証明しています。応用範囲は、0.2mmの薄い鉄、アルミニウム、銅、または合計10mmの厚さの特殊な金属板やその他の部品のカシメにまで及びます。ツインポイントは2mmから12mmまでのあらゆるポイント径の接合に使用でき、常に最適な抵抗力を発揮します。ツインポイントを使用すれば、薄板のカシメ接合において効率的で再現性の高い安全なシステムを実現でき、また、実証済みのTOX®ラウンドポイントによって品質は保証されています。

接合の品質管理は、カシメ工程後の底部の残存板厚"コントロールX"を計測する非破壊検査により行います。市販の測定器を使ったシンプルな測定により、コストを削減し、製造時の不良発生のリスクを低減できます。これらの特徴により、ツインポイントは、薄板接合の分野で最も関心を引くイノベーションの1つであり、現行のカシメ工程に新たな品質をもたらします。競合するカシメ接合技術を提供している企業の中で、TOX®ツインポイントが提供する機能を備えた接合はありません。

関連トピック

TOX®-カシメ接合技術

続きを読む

TOX®-カシメツール

続きを読む

住所

トックス プレソテクニック株式会社
粕屋郡須恵町佐谷1261-1
〒811-2115 福岡県
電話: 092- 934-4888
Fax: 092- 934-4884
コンタクト
JP: 092- 934-4888 コンタクトフォーム
 
Cookie Information

我々のウェブサイトの内容を可能な限り最適に表示する為に、クッキーを設定しています。 クッキーの調節作業により、貴方のブラウザーを妨害したり 規制することが出来ます。