TOX PRESSOTECHNIK
JP: 092-934-4888

プロセス能力 TOX®-eクリンチング

導電性の創出

TOX®-eクリンチングでは、パンチでシートをプレスしてダイに接合します。塑性加工により形成されたアンダーカットにより、ネック部に高い保持力が確保されます。また、優れた導電性を備えた材料接続部が形成されます。

最適な材料接合の接合ゾーン:

クリンチプロセスの間、正ロックおよび摩擦接続に加えて、接合ゾーンでは部分的な材料接合が存在します。接合されたシートは、多数のマイクロコンタクトにより、可能な限り低い接触抵抗で最適な導電性の接合部が形成されるように互いに流れ込みます。

接触面の拡大:

引張-プレス工程では、有効接触面がほぼ2倍になり、特に板金の厚さが大きくなると大幅に増加します。この拡大された表面は、さらに接合部の導電性を向上させます。

フローリングコーティング:

例えば銅の上に錫をコーティングしたような軟質被覆も、引き剥がさずに形成され、わずか数μmの層まで薄くされます。導電性は維持されます。

eClinching material bonding

多数のマイクロコンタクトは、材料の導電性接続を保証します。

永久的に低い接触抵抗

TOX®-eクリンチングは、導電性部品を安全かつ恒久的に、また機械的、電気的にも同様に接合する効率的な技術です。

高い保持力を持つ一定の導電性:

クリンチ接続部は、他の接合プロセスと比較して、長期的に機械的応力(例えば、トルク)や温度変化に安全に耐えられるため、緩和プロセス(すなわち、接続の緩和)はわずかなものになります。したがって、接触抵抗は常に低く、高い導電性が維持されますこれにより、これにより、電気産業の高い要求を満たすのに理想的な手順となります。

接触部の緩和:

TOX®-eクリンチは、安定した範囲(緑の部分)に安全に留まっています。主に避けられない緩和は重要ではなく、実質的には定量化できません。プロセス固有の特性が観察されない場合は、不安定領域に入るリスクがあります(赤の部分)。

Relaxations in the contact area eClinching
弊社の主な取引先
  • Logo Audi
  • Logo AWL
  • Logo Blum
  • Logo Bosch
  • Logo Brose
  • Logo BSH

住所

トックス プレソテクニック株式会社
粕屋郡須恵町佐谷1261-1
〒811-2115 福岡県
電話: 092- 934-4888
Fax: 092- 934-4884
コンタクト
JP: 092- 934-4888 コンタクトフォーム
 
Cookie Information

我々のウェブサイトの内容を可能な限り最適に表示する為に、クッキーを設定しています。 クッキーの調節作業により、貴方のブラウザーを妨害したり 規制することが出来ます。