TOX PRESSOTECHNIK
JP: 092-934-4888

ファスナーカシメシステムの選択

処理能力 - すべての応用に最適な技術的ソリューション

TOX® PRESSOTECHNIKは、お客様に最高の技術的ソリューションと完全なターンキーシステムを提供しています。当社の有能なスタッフは、ファスナーや機能部品の取り付けに最も広く使用されているプロセスに加えて、個別のカスタムソリューションを開発しています。これは、私たちの経験、既存のアイデアやデザイン、そして幅広い標準部品によって可能になります。

ファスナーや機能部品には様々な種類がありますが、基本的には4つの工程があります。

有能なパートナーであるTOX®PRESSOTECHNIKは、システム供給者やファスナー部品メーカーとの長期にわたる協力を通じて、お客様の要素を処理するため、1つの源から完璧なシステムソリューションを提供することができます。

TOX®PRESSOTECHNIKは、さまざまな要素を所定の部品に押し付ける能力を提供します。標準バージョンに加え、カスタマイズされたソリューションを実現することができます。ファスナーの挿入のための適切な処理と適用は、要素自体の設計によって決められます。

どうすればいいのかわかりませんか?- 要素がプロセスを定義しているます!

セルフクリンチング

プロセスカテゴリ:事前穴あけ無し

プロセスの説明:打ち抜かれていない部品にファスナー部品を合わせ、高圧で押し込みます。ファスナー部品が変形して、しっかりとしたクリンチ接続ができます。

ファスナ・エレメント:セルフクリンチリベット、セルフクリンチナット、セルフクリンチスタッド

クリンチ用ファスナー部品のカシメプロセスの特徴:

Micrograph of a clinch element

カシメ加工の特徴は、部品を切り裂くことなく、部品の中にファスナー部品をしっかりと固定することにあります。このプロセスは、漏れのない接続を必要とする部品に押し込まれるスタッドやネジに特に適しています。
 

機能素子の部品への取り付けは、素子と部品の間の変形とアンダーカットの発生によって行われます。

セルフピアシング

プロセスのカテゴリ:事前穴あけ無し

プロセスの説明:ファスナー部品が打ち抜かれていない材料を打ち抜きます。材料がファスナー部品に流れ込むことで、ねじれや押し出しに強い強固な接続部が形成されます。

ファスナ・エレメント:ピアススタッド、ピアスナット、セルフピアスナット

ピアス用ファスナー部品のカシメ工程の特徴:

Micrograph of a pierce element

ピアス工程では、エレメントが穴部やコンポーネントに押し込まれます。 パンチ側の材料の横方向の流れによって、回転や押し出しに対して固定されたしっかりとした座面が作られます。

プレスフィッティング

プロセスのカテゴリー:事前穴あけ有り

プロセスの説明:事前に打ち抜かれた部品に押し込みます。材料は要素の後ろを流れ、強制的にロックされた接続を保証します。

ファスナ・エレメント:圧入スタッド、圧入ナット、クリンチスタッド、クリンチエレメント

プレスフィッティング用ファスナー部品のカシメ工程の特徴:

Micrograph of a press fitting element

この工程は、ファスナー部品のアンダーカットに部品を変形させることが特徴です。ここで、ファスナー部品には、事前に打ち抜かれた部品に押し込まれるファスナーと、事前に打ち抜かれずにピース部品に押し込まれるファスナーの2種類があります。
機能要素は、セルフピアッシングとノンピアッシングに区別されます。

リベット

処理カテゴリ:事前穴あけ有り

処理説明:この要素は、事前に穴あけされた部品に挿入されます。変形し、しっかりした接続になります。

ファスナ・機能要素:リベットびょう、リベット親ねじ、リベット締め具

リベット要素挿入処理の特徴:

Micrograph of a rivet element

リベッティング工程では、部品や機能要素が変形し、部品の中にしっかりとした座面が作られます。このプロセスは、事前に打ち抜かれた部品に押し込まれるエレメントや、セルフピアシングエレメントに特に適しています。

あなたが要素を定義し、私たちは完成した設備を提供します!

お客様の応用方法
実行中のプロセス能力
詳細

パンフレットとデータシート

パンフレット
閉じる
機能要素技術

パンフレットとデータシート

ダウンロードへ

住所

トックス プレソテクニック株式会社
粕屋郡須恵町佐谷1261-1
〒811-2115 福岡県
電話: 092- 934-4888
Fax: 092- 934-4884
コンタクト
JP: 092- 934-4888 コンタクトフォーム
 
Cookie Information

我々のウェブサイトの内容を可能な限り最適に表示する為に、クッキーを設定しています。 クッキーの調節作業により、貴方のブラウザーを妨害したり 規制することが出来ます。